> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 性同一性障害の中1女子、男子学生服で登校OK(読売新聞)
 自分の性に強い違和感を抱く鹿児島県内の中学1年の女子生徒(13)が、男子が着る学生服での登校を求めている問題で、学校は4月の新学期から学生服での登校を認めた。

 生徒や教師、保護者に理解と協力を求めながら生徒を支援していくという。

 両親によると、生徒は3歳頃から自分を「僕」と呼ぶようになり、スカートなどの服装を極度に嫌がった。中学入学後はセーラー服を着るだけで吐き気をもよおすようになり、両親に悩みを打ち明け、9月からは体操服姿で登校していた。

 学校はこれまで「前例がなく、ほかの生徒への精神的ショックが大きい」として、学生服の着用は認めなかった。しかし、生徒の訴えや性同一性障害とした専門家の診断で、学生服の着用を認めた。名前も変更し、学校で「男子」として扱われるようになる。

 母親(41)は「これからが本当の試練だが、娘が自分らしく生きていけるよう、家族で支えあって乗り越えたい」と話している。

 校長は「議論を尽くした結果であり、全力でサポートしたい」と話している。

自民、審議復帰を協議=国会正常化も(時事通信)
玩具映画後世に 戦前の名作 よみがえるチャンバラ(産経新聞)
裁判員 重い選択 鳥取2人強盗殺人初公判 関心高く 傍聴券求め848人(産経新聞)
<女性死亡>62歳妻の首に絞められた跡、心中図る?(毎日新聞)
車上荒らしに警察手帳盗まれる 千葉県警巡査長(産経新聞)
[PR]
by h3bioyqld5 | 2010-03-01 07:09