> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
人事院、国家公務員1種合格者のメルアド誤送信(読売新聞)
 人事院は9日、2008、09年度の国家公務員採用1種試験合格者のうち進路を把握できていない322人に対し、改めて進路を確認する電子メールを送付した際、全員のメールアドレスが表示される形式で誤って送信したと発表した。

 うち1人は誤ったメールアドレスを入力したため、全く無関係な人に送信されたという。

 人事院は全員に謝罪したうえで、誤送信メールを削除するよう依頼した。人事院人材局は「今後このようなことが生じないよう、全職員に徹底を図りたい」としている。

作業中の船から転落し死亡 千葉・袖ケ浦市沖(産経新聞)
<防衛力有識者懇>座長に京阪電鉄CEOの佐藤茂雄氏(毎日新聞)
押尾被告の保釈請求を却下(産経新聞)
貸付金一時返済で黒字に 大阪府、包括外部監査「不当な操作」(産経新聞)
陸山会のマンション、小沢氏へ謎の所有権移転(読売新聞)
[PR]
# by h3bioyqld5 | 2010-02-16 20:19
9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
 火災で入所者9人を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」を運営するNPO法人(特定非営利活動法人)「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者(85)ら2人が逮捕された事件で、群馬県警が、建物を再現しての救出実験を行い、9人の救出は不可能だったと確認していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。県警では、施設の増改築に耐火材が使用されていれば、9人を救出する時間があったものとみて、調べを進めている。

 捜査関係者によると、同施設では平成17年8月以降、4回にわたり、耐火材などを使用せずに増改築が行われていた。県警で昨年11月と12月に計3回、火元付近の建物を再現して燃焼実験を実施し、壁の温度の上昇具合や火が広がるのにかかった時間を確認。安全基準を満たす正常な施設よりも、火の回りが大幅に早かったことが判明した。

 さらに12月、群馬県内の施設で火災時の様子を再現し、要介護者を抱えて救出にかかる時間などを試したが、死亡者10人のうち、9人は救出できる状況ではなかった。

 県警は11日、高桑容疑者の住居や事務所など7カ所を家宅捜索し、パソコンなど計約30点を押収した。

【関連記事】
群馬「たまゆら」10人死亡火災、理事長逮捕 業過致死容疑
狭すぎる…無届け老人ホームの4割で改善指導 厚労省
老人ホーム4分の1で消火器不備など違反 名古屋市消防局調査
老人施設「たまゆら」で関係者らが慰霊祭 高桑理事長「おわびの第一歩」
「有料ホーム」に該当せず? 群馬の老人施設火災1カ月

赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁(産経新聞)
1億2千万円被害 振り込め詐欺「出し子」写真公開 (産経新聞)
山形大 「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)
雑記帳 秋田に来ねが〜 「がおたくん」に人気(毎日新聞)
「非保有国への不使用」要求…日豪が核共同宣言へ(読売新聞)
[PR]
# by h3bioyqld5 | 2010-02-15 19:13
<石巻2人刺殺>DV施設、数日で退所 元交際女性「復縁」(毎日新聞)
 宮城県石巻市の南部かつみさん(46)方で長女美沙さん(20)ら2人が刺殺され、次女沙耶(さや)さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんは元交際相手の少年(18)=未成年者略取、監禁容疑で逮捕=の暴力から逃れるため、09年2月に家庭内暴力(DV)被害者の保護施設に入ったが、数日で「少年と復縁した」と言って退所していたことが捜査関係者の話で分かった。南部さんの親族によると、少年の暴力はその後エスカレートしたという。

 南部さんの親族の男性によると、沙耶さんは昨夏から頻繁に暴力を受けるようになった。「腕にたばこの火を押し付けられた跡があったとも聞いた」という。約3年前に少年と交際を始めたが「(少年が)暴力を振るって(沙耶さんが)アルバイトで稼いだお金を奪う構図だった」。少年の友人は「あいつと遊ぶときは大抵、沙耶さんも一緒だった。今月上旬に(沙耶さんが)眼帯をしていて『あれっ』と思った」と振り返る。

 県警によると、沙耶さんの相談を受けて09年2月と今年1月の2回、傷害の被害届を出すよう説得。ある捜査幹部は「仲たがいしては復縁し、被害届を出したがらなかった。男女のことは感情の動きもあり難しい」と説明する。一方、親族の男性は「(警察への相談は)一度や二度じゃない。適切に対応してくれたら、こういうことにはならなかった」と不満を隠さない。【宍戸護、浅妻博之、鈴木一也】

【関連ニュース】
DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望
性暴力:Tシャツで抗議 被害者ら、思いつづり 来月、国内初の展示
DV:「防止法拡充を」 被害者、担当閣僚に要望
シンポジウム:子育て支援考える 産科医や保健師が現状報告−−北区 /岡山
DV:相談急増209件 傷害・暴行で検挙も23件増38件−−08年度 /山形

沖縄基地問題検討委、きょう視察団グアムへ(産経新聞)
<衆院予算委>鳩山首相「小沢氏は説明尽くすこと大事」(毎日新聞)
日米でプリウスをリコール=今週前半にも、30万台−トヨタ(時事通信)
<石川議員>決断迫られる首相 民主は処分に消極的(毎日新聞)
【私も言いたい】テーマ「紙の辞書か、電子辞書(検索)か」(産経新聞)
[PR]
# by h3bioyqld5 | 2010-02-14 13:03
外国人の地方選挙権、首相が慎重姿勢(読売新聞)
 鳩山首相は9日の衆院予算委員会で、政府・与党が検討している永住外国人に地方選挙権を付与する法案に関し、国会提出の是非を慎重に判断する立場を示した。

 首相は「政府で考えが一つにまとまっているわけではないし、各党で意見を一致させねばならない。強引に行い過ぎてもいけない話だ」と述べた。一方で、1995年の最高裁判決の傍論をひいたうえで「憲法に抵触する話ではない」と強調した。

 小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員への対応については「身の処し方が十分でない、国民の思いと違う、となる時に、党としての判断も当然出てくる」と述べた。

 小沢氏の責任に関しては「小沢一郎個人のイメージが先行している部分もある。丁寧に説明する努力でギャップを埋める必要がある」と、説明責任を果たすよう求めた。そのうえで「国民の『日本の政治を立て直してほしい』との思い(に応じること)もひとつの責任の取り方だ」と述べた。

ノリタケ3億円横領容疑の男「すべて競馬に」(読売新聞)
インド洋海自給油 「ましゅう」「いかづち」が帰港 東京(毎日新聞)
日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響−気象庁(時事通信)
見えぬタンス預金、「ゼロ」が半数…衆院資産公開(読売新聞)
「引退当然」「活躍励み」思い多様 朝青龍関引退(河北新報)
[PR]
# by h3bioyqld5 | 2010-02-12 20:33
若い世代は飲酒より疲労とストレス 「人体の化学工場」肝臓(産経新聞)
 体内で最大の臓器である肝臓は血液を浄化するなど多機能で、「人体の化学工場」とも言われる。中でもアルコールを分解することから酒類の“飲み過ぎ”との兼ね合いでしばしば注目される。しかし、専門家は「若い世代では飲酒より、むしろ飽食やストレス、疲労が肝臓を脅かす要素になっている」と警鐘を鳴らす。(草下健夫)

 ◆飲酒は減少傾向

 肝硬変や脂肪肝の大きな要因とされてきた飲酒だが、肝疾患に詳しい須田都三男(とみお)医師(元慈恵医大准教授)は「(酒類の)飲み過ぎによる肝障害は50代以上に多い。ライフスタイルの変化で、若い世代ではアフタファイブに同僚との一杯が減り、酒量も減った印象がある。飲酒は以前ほど深刻な問題ではなくなりつつある」と指摘する。

 こうした中、職場の定期健診などで大きな問題になっているのが、過食や飽食、運動不足が原因とみられる脂肪肝。太っていなくても過食などが原因で起こり、放置すると動脈硬化などの要因とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因にもなる。

 「脂肪肝は働き盛り世代の肝障害のほとんどを占める。肝臓は“沈黙の臓器”といわれるように自覚症状に乏しく、ゆっくりと悪化するため注意が必要」(須田医師)

 脂肪肝のうち1割程度は重症化するが、多くの場合は食事中心の節制した生活で治りやすい病気だという。ただ、須田医師は「そのため、とかく『やせれば治る』『アルコールを控えれば治る』という意識の人も多く、軽視されがち。実際、肝硬変に近い状態の人も少なくない」と訴える。

 ◆タンパク質十分に

 精神的ストレスなどによる疲労にも要注意だ。「体がストレスに適応しようとしてタンパク質の分解が進むため、タンパク質を十分含む食事を取ることが大切」という。タンパク質は体内で分解され、有害なアンモニアとなる。アンモニアが増えると体内のエネルギー生産が妨げられる。そこで、肝臓内の「オルニチン」がアンモニアの解毒を促す。こうした働きで肝臓が活性化し、エネルギー生産など肝臓のほかのさまざまな機能も活発になっていくという。

 オルニチンは食品ではシジミなどに含まれるが、須田医師は「食品で取っても、よほど大量でない限り効果的ではない」と説明。「社会生活ではストレスや不摂生は避けにくいこともあるが、肝臓の健康のためには栄養のバランスの取れた食事、十分な休息、適度な運動などのストレス解消を確保してほしい。自身の生命維持に不可欠な肝臓に思いを至らせて」とアピールする。

【用語解説】肝臓とオルニチンサイクル

 肝臓の大切な機能の一つが、アルコールやアンモニア、毒物などの解毒。このうち、アンモニアは食べ物に含まれるタンパク質が体内で分解されてできる有害物質。アミノ酸の一種「オルニチン」には肝臓でアンモニアを分解して毒性の少ない尿素に変える働きがあり、オルニチンサイクル(尿素サイクル)という。尿素は尿に含まれて排出される。アンモニアは細胞内でのエネルギー生産を妨げるため、疲労にも関係するとされる。

【関連記事】
糖尿病対策から化粧品まで 「抗糖化」パイオニアの“甘くない”道のり
ネットでメタボ改善プログラム 日立、17日から提供
「男85センチ、女90センチ」再検討 腹囲のメタボ基準値で肥満学会
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切
受験生も安心!? バナナが味方だ 栄養補給、免疫力アップ

福岡県町村会、遠い透明化…会長逮捕後も非公開(読売新聞)
<廃ポリタンク漂着>今冬は昨年同期並み 18道府県で確認(毎日新聞)
<前原国交相>「中2の時、父が自殺した」33年後に明かす(毎日新聞)
5月に民主党訪米団、米国務次官補が要請(読売新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
[PR]
# by h3bioyqld5 | 2010-02-11 18:27
   

営業マンって、実は意外と稼げるんです。
by h3bioyqld5
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧